葬式・葬儀マナー TOP → 葬儀・葬式の基礎知識 葬儀・葬式の流れ

葬儀・葬式の流れ

葬儀や葬式は突然の悲しい出来事ですが、弔問するにあたってお通夜、葬儀や葬式、法事や法要など全体の流れを分かっているのといないのでは心構えが全く違ってきます。落ち着いて弔問するためにも葬儀やお葬式の流れと手順を覚えておきましょう。

・ご臨終
医師からのご臨終宣告の後に「末期の水」を用意し、儀式を行います。医師からの死亡診断書を受け取り葬儀社とお寺の手配を行い、関係者へ連絡します。

・お通夜
祭壇と会場の設営をして弔問客を受付します。僧侶による読経とご親族のご焼香、会葬者のご焼香を行います。僧侶による法話と説教でお通夜が終了し、喪主の挨拶の後「通夜ぶるまい」が行われ、祭壇の線香やローソクを絶やさないように親族が故人をお守りします。

・葬儀と告別式
弔問客を受付けて僧侶による読経とご親族のご焼香、会葬者のご焼香を行った後故人との最後のお別れとなります。出棺前に喪主が挨拶を行い火葬場へと向かいます。

・出棺と埋火葬
僧侶によって最後の読経が行われ、埋火葬が行われます。近親者によってお骨上げの儀式が行われた後自宅か精進落としが行われる会場へと向かいます。

・精進落とし
ご自宅もしくは会場で待機している世話役やお手伝いなどが「遺骨むかえ」の準備をし、お通夜からお葬儀に至るまでお世話になった方々への労をねぎらう「精進落とし」が行われます。

・四十九日忌法要まで
葬儀の翌日もしくはその次の日までに葬儀時にお世話になった方々への挨拶廻りをし、親しいご親族やご友人達への形見分けが行われます。四十九日もしくは三十五日の忌明けに挨拶状とともに「香典返し」を送ります。

葬儀・葬式の基礎知識

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/