葬式・葬儀マナー TOP → 葬儀・葬式の基礎知識 訃報を聞いたら

訃報を聞いたら

突然の訃報を受けた場合、お通夜や葬儀に出席するまでの間どうしたらよいのでしょう。いつ弔問するかについてはお付き合いの度合いによっても違いますが、近親者であればお通夜や葬儀の準備を手伝うような気持ちで駆け付けるとよいでしょう。

遠隔地に住んでいるのであればなるべく早く駆け付けて、故人との最後のお別れをするようにしましょう。

一般的に遺族は親族の到着を考唐して葬儀の日取りを決めることが多いので、知らせを受けた場合はこちらの到着日時を折り返し電話または電報などで知らせておく必要があります。

親しい友人や知人の場合でもなるべく早く駆け付けるようにします。故人とそれほど親しくない場合や職場の関係者などの場合は、死去直後を避けてお通夜や葬儀に弔問するようにするのがよいでしょう。

近所での不幸の場合は、目頃からそれほど親しく付き合っていない場合でもすぐに弔問にうかがった方がよいでしょう。この場合、取り込み中は長居せずに玄関先で辞去するようにしましょう。

悲しみの最中にいる遺族に対してお悔やみを述べるのはとても難しいことです。また日頃から親しくしているほどあらたまって挨拶するのは難しいことかもしれませんが、言葉が少なくても真心がこもっている態度や行動は先方にも必ず通じます。

挨拶する際には「突然のことで驚いております。お力おとしのことと思います。」といったように言葉少なめで簡潔に要領よく行いましょう。

仕事や都合などですぐに弔問できない場合は、代理の人に弔問してもらったり、とりあえずの弔電を打つと良いでしょう。

葬儀・葬式の基礎知識

サイモグロブリン
サイモグロブリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!