葬式・葬儀マナー TOP → 葬儀・葬式の基礎知識 お通夜でのマナー

お通夜でのマナー

お通夜とは故人の霊をなぐさめて邪霊が侵入するのを防ぐために一晩中灯りをともしてお香を絶やさないようにする儀式のことです。お通夜では遺族や親せき、生前故人と親しくしていた友人などが夜通しご遺体と過ごします。

お通夜に弔問する場合は、なるべく定刻の10分前まで受付をすませるようにしましょう。駆けつけた時はご遺族の方に、「この度はご愁傷様でした。心からお悔やみ申し上げます。」といったお悔やみの言葉をかけるとよいでしょう。

香典は表書きを受付の方が正面になるようにして「ご霊前にお供えください」と一言そえて渡します。受付がない場合には祭壇へ供えますが、その時は表書きを自分側が正面になるようにして供えます。

通夜の席は一般的に決まっていないことが多いようなので指示がある場合はそれに従うようにしましょう。指示がない時は祭壇を中央にして左右に席が設けられている場合は、祭壇を前にして左側の後方の席に座るようにしましょう。

お通夜では急いで駆けつけるという意味が含まれていますので、喪服で伺うと不幸を予期していたと失礼にあたる場合もあります。また通夜に伺う際は死因については聞かないことがマナーです。そしてお通夜では遺族は葬式で忙しいので長居をしないようにしましょう。

通夜ぶるまいとは通夜の後に弔問客への感謝の気持ちとしてお酒や食事をふるまうことで、故人の思い出話などをします。通夜ぶるまいに招かれた場合はなるべく出席して、一口だけでも出された食事に手をつけて、また長居しないようにしましょう。

仕事などでお通夜に駆けつけることができない時は、早めに「弔電」をうつのがマナーです。

葬儀・葬式の基礎知識

すっぽんスープ通販 巣鴨三浦屋│【飲むエステ】コラーゲンと必須アミノ酸が豊富な食品(サプリメント)の効果を是非味わってください!お中元やお歳暮へも人気
http://e-shop.tj.shopserve.jp/

タキソテール
タキソテールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!