葬式・葬儀マナー TOP → 葬儀・葬式の基礎知識 葬儀と告別式でのマナー

葬儀と告別式でのマナー

葬儀や葬式は死者をあの世へ送るための儀式のことで、宗教儀礼によって執り行われます。これに対して告別式は参列者や会葬した方たちが焼香や献花をもって死者とのお別れをする儀式のことです。

葬儀と告別式は本来別々に行われていましたが、最近は一緒に行われることが多くなってきました。

葬儀や告別式の会場では遺族への挨拶は控えるようにしましょう。焼香の時に遺族と向かい合った場合でも黙礼するか、簡単なお悔やみの言葉述べるだけにしてください。

しかし遠方から出向いてすぐに帰らなければいけない場合や故人との特別な関係について遺族に一言伝えたい場合などは早めに出向いて世話役を通して遺族へと案内してもらうことができます。また会葬者同士での挨拶も黙礼程度にして必要であれば式後に挨拶をしてください。

焼香では会葬者が多い場合長い列ができますので、自分の番が近づいてきたらすみやかに祭壇へ向かえるように準備しておき、焼香の際は心を込めて行い、故人の冥福を祈りましょう。焼香ではバッグは小わきに挟んだり人に預けるようにしましょう。

告別式の後、棺のふたをあけて故人との最後の対面とした後、再びふたが閉じられてくぎ打ちされて、親族や近親者の男性が棺を霊柩車へと運びます。

出棺は一般の会葬者が故人を見送るための最後の場ですので、急用がない限り帰らずに待って見送るのがマナーです。寒い日に出棺を待つまでの間はコートを着ていてもよいのですが、喪主の挨拶のときはコートを脱いで、霊柩車が走り出す直前には頭を下げて合掌し、冥福を祈るのがマナーです。

葬儀・葬式の基礎知識

http://richidad-office.com/sonota/sonota.html
金持ち父さん貧乏父さんのコンテンツ

スルガム
スルガムなら医療関係者向けの製品情報サイトで!