葬式・葬儀マナー TOP → 葬儀・葬式の基礎知識 葬儀のお手伝いとマナー

葬儀のお手伝いとマナー

葬儀や葬式では遺族や親族、友人、職場関係者、近所の方などがみんなで助け合って行うものです。遺族から受付や会計、接待、司会進行などのお手伝いを依頼されることもあります。

故人の気持ちを大事にしながらそれぞれがひとつになって儀式をとり行うためにもお手伝いの役割や仕事の内容、作法などについて知っておくことも必要なことです。

喪主は故人と最も縁の深い親族などがつとめますが、その他にも様々なお世話やお手伝いが必要となり、このような方を「世話人」や「世話役」と呼びます。

・お世話役代表
葬儀や葬式を滞りなく行えるように心配りしながら全体を統率、指揮する人のことです。遺族やお寺、葬儀社などと相談しながら一切のことを指揮するので、知識や経験豊富な年長者が行ないます。補佐役は遺族から1名選ばれることが多いようです。

・受付係
会場の受付をして会葬者に記帳してもらい、香典受け取りなどを行います。近所の人や会社関係の方が行う場合が多いようです。

・会計係
受け取った香典の記帳や計算をして保管と管理を行います。親族とお手伝いの人など必ず2名以上が依頼されます。

・接待係と台所係
会葬者や僧侶、葬儀社の方への食事やお茶の世話をします。会食の料理や飲み物の手配なども葬儀社と相談して行います。必要な食器の手配や確認なども行ないます。お手伝いの際のエプロンは無地の白や黒など地味な色のものを着用します。

・交通係と駐車場係
喪章をつけて駐車場の手配や整備を行い、最寄りの駅から葬儀会場へ至るまでの順路や案内を行います。交通に支障を来たすような場合は警察署で道路使用許可の手続きも行います。

葬儀・葬式の基礎知識

ペット火葬 昭島 立川 あきる野
について