葬式・葬儀マナー TOP → 挨拶について お悔やみの言葉

お悔やみの言葉

お通夜や葬式、葬儀に参列する際には喪主や遺族、受付の方などに「お悔やみの言葉」をかけるのが普通です。

お悔やみの言葉を述べる時はシンプルで手短に差し障りのない言葉を選ぶのが良いでしょう。自分なりに色々考えて勇気づける言葉をかけてあげるのも良いことですが、特別なしきたりによってその言葉がかえって失礼にあたる場合がありますので、注意する必要があります。

お悔やみの言葉を述べた後は、「お手伝いすることがありましたら何なりとお申し付けください」と付け加えてお役に立ちたいという気持ちを表すようにしましょう。

供花や供物、香典を持参した場合は、「どうぞお供え下さい」と付け加えるのが一般的です。また、お悔やみの言葉で挨拶する時に病状や死因について尋ねるのは失礼にあたりますので注意しましょう。

お悔やみの言葉には様々なものがありますので、例として以下にあげてみました。

・この度は誠にご愁傷様でした。謹んでお悔やみ申し上げます。
・ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈り致します。
・悲報に驚いています。ご家族のお気持ちを思うと胸が痛みます。心から哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りいたします。
・ご逝去の報に接し幾多のご厚情を思い、誠に痛惜の念でいっぱいです。心からご冥福をお祈りいたします。
・ご逝去の知らせを受け、ただただ、驚いております。ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。

挨拶について

カーテン インテリア
モンルーペジャパン