葬式・葬儀マナー TOP → 挨拶について 弔辞について

弔辞について

弔辞(ちょうじ)とは、告別式で遺族から依頼された方が、故人の死を悼み、故人に別れを告げることです。弔辞を依頼されるのは故人と親しかった友人や知人が多く、あらかじめ作成しているものを読むのが一般的です。

遺族から弔辞を依頼された場合には、作成する際に注意することがあります。弔辞を作成するときは1200字程度を目安として約3分で終わらせるようにし、長くも短くもない文章にするとよいでしょう。

具体的な作成の仕方としてまず最初は、○○さん、○○君など故人へ呼びかける言葉から始めます。ただしキリスト教では一般的に呼びかけをしないことになっています。

そして、次にお悔やみの言葉と同じ様な死を悲しむ言葉を述べ、「○○君とは小学校からの親友で」といったように故人との関係を述べます。

そして故人の人柄や思い出のエピソードなどを紹介して、故人に対する冥福を祈る気持ちと遺族への慰めの言葉を述べ、最後に「安らかに眠ってください」という言葉で結ぶのが一般的です。形式的な文章だけでなく、自分の言葉で故人とのエピソードを交える方が良いでしょう。

遺族の方から弔辞を依頼された時は快く引き受けるようにしましょう。また、依頼されなくても自分が弔辞を述べたい場合は、早めに遺族に申し出ると良いでしょう。

弔辞を読む際の注意点としては約3分程度を目安に終わらせるようにして、気持ちを込めて故人に語りかけるように読みましょう。また、棒読みや早口に注意して、大きな声で参列者全員に聞こえるように読みましょう。

挨拶について

ノベルティ
ノベルティ景品など

ヘッダー付き袋印刷OPPテープ付き袋 規格袋
http://www.sideseal.jp/

コンプラビン
コンプラビンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!