葬式・葬儀マナー TOP → 挨拶について 弔電について

弔電について

突然の訃報を聞いて、遠方なためすぐに駆けつけれない場合や、事情があって葬儀や告別式に会葬できない場合、また葬儀や告別式が終わってから訃報を聞いた場合などは弔電(ちょうでん)を打つのが一般的です。

弔電とは電報にてお悔やみの言葉をおくることで、NTTで申し込むことができます。値段は通常文字数によって決められますが、NTT東日本と西日本で値段が違うようです。

電報は午後19時までに申し込むと当日中に届けてもらうことができます。自分の言葉でお悔やみの気持ちを伝えるのが一番良いかと思いますが、弔電用の文例もたくさん用意されていますので活用してみると良いでしょう。

弔電の文例としては以下のようなものがあります。

・ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申しあげます。

・突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。ご家族皆様のご心痛をお察し申しあげますとともに、在りし日を偲び心からご冥福をお祈りいたします。

・○○様のご逝去を知り、驚愕いたしております。いたってご壮健と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。ご冥福をお祈りいたします。

・ご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。安らかにご永眠されますようお祈りいたします。

電報の手配の仕方や詳しい情報については、タウンページや電話帳に載っています。基本的な情報としては、弔電の宛名は喪主宛てにし、宛先は葬儀や告別式の会場にするのが一般的となっています。また、喪主の名前が分からない場合は、「故○○様ご遺族様」とするとよいでしょう。

挨拶について

タゴシッド
タゴシッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ポスター印刷
大判印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

フルーラ ラムネ
http://www.masatoya.net/ww_2781.html