葬式・葬儀マナー TOP → 葬儀・葬式での服装について 男性の服装

男性の服装

一般的に男性の喪服はダークスーツやジャケットと白いシャツに、ネクタイと靴下、靴は黒色のものを着用するのが基本なので、女性によりも気を使う必要がありません。

また、訃報を聞いてから急いでお通夜に駆けつけるような場合には、喪服でなくても良く地味な平服で問題ないと言われています。お通夜では遺族の方でも急な出来事で喪服を着ていないことも多く、逆に喪服を着ていくと死を予期していたと失礼にあたることもあります。

しかし、訃報を聞いたのが半日〜1日ほど経ってからの場合は喪服や略式喪服で伺っても大丈夫です。仕事帰りなどに急いで伺う場合には平服で構いませんが、なるべくネクタイと靴下は黒のものに変えるようにしてください。ちなみに平服とは普段着のことではなく、礼服(礼装)まででなくても良いということです。

葬儀や告別式での男性の服装は、喪服だけに限らずお通夜の時のように地味な平服でも問題ないと言われています。スーツはシングルとダブルどちらでもよく、ネクタイは黒無地が基本となり結び方についての決まりはありません。

男性がお通夜や葬儀、告別式に出席する際に服装で注意していただきたいことがいくつかあります。シャツは白無地のもの、靴下は黒無地のものを着用して色柄物は避けてください。ネクタイピンや金時計、胸ポケットのハンカチなどは着けないのが礼儀です。

靴は基本的に光沢のない黒のものを選び、スエードや金具が付いたものなどは避けましょう。毛皮のコートは殺生を連想させるものなので避けるのが基本です。

葬儀・葬式での服装について

ナースシューズ アシックス
ナースシューズのアシックスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

http://www.mitsuhashi-kikaku.co.jp/