葬式・葬儀マナー TOP → 葬儀・葬式での服装について 女性の服装

女性の服装

女性は男性と違ってお通夜や葬儀の服装を決めるのが難しい場合が多いようです。急な知らせで急いで通夜に伺う場合には「地味な平服」でも問題ないと言われていますが、時間的に余裕がある場合などには、喪服や略式喪服で伺う方がよいようです。

お通夜では黒や紺、茶など地味な色のスーツやワンピースに黒のストッキングと黒の靴を着用し、なるべく肌の露出は避けましょう。

女性が葬儀や告別式に参列する際の服装は、喪服または地味な平服が基本で通夜の時と同じ服装でも問題ないと言われています。ちなみに平服とは普段着のことを言っているのではなく礼服でなくてもかまわないという意味です。

男性がお通夜や葬儀、告別式に出席する際に服装で注意していただきたいことがいくつかあります。スーツやワンピースは地味な色でシンプルなつくりの物を選び、アクセサリーは結婚指輪以外は身に着けないようにしましょう。

一般的にパールのネックレスを身に着けることがあるようすが、その場合は1連の物にしてください。2連の物は重なるという意味になり弔事では厳禁となっています。

女性のメイクについては、派手なメイクを避けてナチュラルに仕上げ、マニュキアは取るか目立たない程度にしてください。髪の毛は基本的に黒がよく、スッキリとしたヘアスタイルにしてください。

夏であっても肌の露出を避けて必ず黒か肌色のストッキングを履きましょう。香水は控えてバックは最低限の大きさで布地の地味な色のものが基本となります。殺生を連想させる皮製品などは避けましょう。靴はミュールやサンダルではなく、またエナメルなど光沢のあるものも避けましょう。

葬儀・葬式での服装について

事務服 ベスト
事務服のベストなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!