葬式・葬儀マナー TOP → 葬儀・葬式での服装について 子供の服装

子供の服装

お通夜や葬儀には基本的に小学校低学年までの子供を連れていかないのが一般的と言われていますが、親族や子供の親しい友人の葬儀の場合は例外となります。そして子供の葬儀での服装に悩まれる方は多いのではないでしょうか。

中学生や高校生であれば一般的に制服を着用するのが無難です。幼児や小学生では黒のブレザーなどを着用するとよいでしょう。ない場合には白のブラウスやシャツに紺色のセーターと紺色のスカートやズボンを着せるとよいでしょう。また、靴下は白色のものをはかせます。

黒の服があると便利で一番よいのですが、七五三のような格好では逆に不自然となってしまいます。なるべくフリルのついている服を避けてシンプルな服装にしてあげましょう。基本的には学校の面接や入学式などと同じ服装と考えてください。

子供がお通夜や葬儀、告別式に参列する際の服装を詳しく説明すると、学校の制服がある場合には制服を着用させてください。

学校での制服がない場合は、男の子では黒や紺、茶など地味な色のジャケットとズボンに白いシャツ、黒のネクタイと黒または白の無地の靴下、光沢のない地味な色の靴がよいでしょう。

女の子で学校の制服がない場合は、黒や紺、茶などの地味な色のジャケットやワンピースとスカートに白いブラウス、黒または白の無地の靴下、光沢のない地味な色の靴がよいでしょう。

しかし子供を亡くした方のお通夜や告別式に同じくらいの年頃の子供を連れていくのは非常識な行為とみなされてしまいますので、喪家の気持ちを考慮するようにしましょう。

葬儀・葬式での服装について

ナースサンダル
ナースサンダルならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

http://www.dgachn.org/
レンタカー 鹿児島空港ならこちら

ディレグラ
ディレグラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!