葬式・葬儀マナー TOP → 香典について 香典とは

香典とは

香典はお通夜や葬儀、葬式、告別式で、死者の霊にお供する香の代わりに金銭を持参する不祝儀のことです。

香典にはお香や食料に代える金銭という意味合いが込められていて、現代では、遺族が用意するすべての物に対して、助け合いの意味を込めて葬儀費用の足しになるように金銭を供えるようになっています。

香典は、線香や抹香、花の代わりに死者の霊前に供えるため、通夜か葬式、葬儀のどれかで持参することになっています。

香典は通常、香典袋に入れて持参しますが、香典袋の表書きやのし袋の種類などは宗教によって異なりますので、宗教がわからない時は「御霊前」と書かれたものがよいでしょう。御霊前はたいていの宗教に用いられ、通夜でも告別式でも使うことができます。

香典の相場については地域や故人との関係の深さによって異なるもので、また香典袋の書き方や持参する時期、渡し方などには最低限のマナーがあり、注意が必要になります。

また、都合によりどうしても葬儀や通夜に出席できなくて香典を持参できない場合は、郵送で贈ることができます。この場合は弔電を打ってから現金書留で送るようにし、現金とともに必ずお悔やみの言葉をつづった手紙を添えるようにしましょう。

のし袋の下段に必ず会葬者のフルネームを書き、その際は連名で記入して出すこともできます。妻が夫の代理で会葬される時は「 山田一郎内」と記入し、内は小さく書き添え、会葬者名簿も同じ書き方にします。

会社の上司の代理で会葬される時は「山田一郎代」と記入し、代は小さく書き添え、会葬者名簿も同じ書き方にします。

香典について

貸し会議室やトランクルームを大阪市で展開するリアライブ
http://www.rearlive.co.jp/

ダオニール
ダオニールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!