葬式・葬儀マナー TOP → 香典について 香典の書き方

香典の書き方

香典袋の書き方はその地域や宗教、宗派によって違ってきますので、故人の宗教や宗派と葬儀や告別式の形式について事前に確認したうえで香典袋を購入して書くとよいでしょう。

「御霊前」と書かれた香典袋はどの宗教や宗派でも使うことができ失礼にはあたらないとされています。ただしキリスト教のプロテスタントと仏教の浄土真宗では「御霊前」を使用しませんのでここだけ注意しましょう。

香典袋の水引の書き方は、上の中央に「御霊前」などの用途を薄黒のインクで書きます。そして水引の下の中央にフルネームで自分の名前を書きこみ、香典袋の裏側に金額を書く欄があれば記入しましょう。

職場などで香典を複数の連名で包む場合、「3名」までであれば目上の方から右から順にフルネームで書いて、中袋に3名全員の住所と氏名を書くことになっています。上下関係がない時は五十音順で書くのが良いでしょう。

連名が4名以上である場合は、表書きに代表者の氏名や団体名だけをフルネームで書いて、氏名の左側に「外一同」と少し小さめの文字で記入します。団体名を記入する場合は「外一同」の文字を書く必要はありません。そして中袋か別紙に全員の名前と個別の金額を記入します。

また、夫婦一緒に葬儀に参列される場合には世帯主の名前だけでも問題ありませんが、夫婦共に故人と親しかった場合などは基本的に連名にします。また遺族と面識がない場合は氏名の右側に会社名を書いて名刺を貼ってあげると分かりやすくて親切です。

香典袋の中袋は表に漢数字で金額を書き、裏に郵便番号と住所、氏名を記入します。お札は向きを揃えてお札の顔の面が中袋の裏側になるように入れます。

香典について

【楽天市場店:父の日「お酒名入れ」/日本酒ギフトセット/焼酎ギフトセット/梅酒ギフトセット/酒器セット贈り物】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/osake-utuwa/

透析 送迎
透析の送迎なら五反田ガーデンクリニック!