葬式・葬儀マナー TOP → 香典について 香典の渡し方

香典の渡し方

香典を持参するのは、お通夜、葬儀や葬式、告別式のいずれでも良いことになっています。

お通夜と告別式のどちらにも参列される場合には、お通夜の時に渡す方が良いでしょう。またこの場合、両日とも香典を持参するのは不幸が重なるという意味になりますので注意が必要です。

またお通夜と告別式の両方に参列される時は、お通夜で香典を供えたことを告別式の受付に伝えるようにしましょう。

香典を持参する時はスーツのポケットやカバンに裸で入れていくのではなく、地味な色の袱紗(ふくさ)に包んで持っていきます。袱紗は高価なものでないので、ひとつ持っておくと便利です。

受付では、お悔やみの言葉を述べたうえで袱紗から香典を出して、表向きで名前を受付側に向けて渡します。そして受付の指示のもと会葬名簿に名前を記帳します。受付が設けられていない場合は祭壇に供えます。

また、突然の訃報で急いで駆けつける場合、通夜前の弔問には香典持参しないのが一般的なようです。

遠方に住んでいたり、出張で不在の場合は葬儀に参列できないこともあります。その場合、香典を郵送することができ、弔電を打った後に郵送するようにしましょう。香典の郵送では金銭を香典袋に入れて、さらに現金書留の袋に入れて喪主宛てに郵送します。現金書留の袋に住所や氏名を書きますが、香典袋とその中袋にも同じように住所、氏名、金額を書きます。

香典を郵送する時は香典だけでなく、お悔やみの気持ちを書いた手紙を添えるようにしましょう。また、香典の郵送は失礼にあたらないのですが、香典を友人など他の弔問者に預けることは失礼にあたると言われています。

香典について

ナースサンダル 黒
黒のナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

中古iphone携帯買取東京
http://mobileone.co.jp/