葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀でのマナー お焼香とは

お焼香とは

お焼香とは、葬儀や葬式などで死者を弔うために線香や抹香などでお香を焚くことです。抹香とは細かく粉末状にされたお香のことで、線香とはお香が棒状になったもののことを言います。

一般的に葬儀や告別式では抹香を用いますが、他の法事やお通夜では線香をあげることが多いようです。ただし通夜の読経の後や法事での僧侶の読経の後のお焼香では抹香が用いられます。

仏教で香は、心身を清めることや心を落ち着けること、仏様のお食事といった意味をもち、お焼香は葬儀で必ず行われる儀式です。お焼香のお香の香りで邪気を祓い、霊前を浄め、冥福を祈るという気持ちがこめられているのです。

お焼香は仏教の宗派によって回数や作法などがそれぞれ異なり、注意が必要となります。葬儀や葬式に会葬する際には喪家の宗派の作法を確認しておくとよいでしょう。しかしどの宗派だとしても、自分のやり方や自分の宗派の作法でお焼香することも問題なく、あまり宗派にとらわれる必要はありません。

宗派別のお焼香の回数は、天台宗は1回もしくは3回、真言宗は3回、臨済宗は1回、曹洞宗は2回、浄土宗は特にこだりがなく、浄土真宗の本願寺派は1回、真宗の大谷派は2回、日蓮宗は1回もしくは3回、日蓮正宗は3回となっています。

葬儀でのお焼香の回数やタイミングについては、お寺や葬儀社の合図がありますのでそれに従うとよいでしょう。

リラックスのためにお香をたしなむ方も多いようですが、お香とお線香の作り方はどちらも同じです。故人や先祖の供養のために焚くものがお線香で、リラックスや自分が愉しむために焚くものがお香です。

葬式・葬儀でのマナー

筆耕 弔辞
筆耕の弔辞なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

リバティ ラミネート
http://item.rakuten.co.jp/auc-syugeiyasan/c/0000000120/

ベナンバックス
ベナンバックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/
ポスター印刷