葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀でのマナー お焼香の種類と仕方

お焼香の種類と仕方

お焼香には立礼焼香と座礼焼香があります。

・立礼焼香の仕方 お焼香の順番が自分の番になったら、焼香台へと進む前に遺族や僧侶に一礼して静かに進み、焼香台の3〜4歩手前で止まって遺影と仮位牌を見つめた後、更に進んで焼香台の一歩手前で一度合掌します。

焼香台にある抹香を、右手の親指と人さし指、中指でつまんで、頭を下に向けて目を閉じ、抹香を額の高さまで捧げます。そして手をおろし静かに抹香を左側にある香炉の中へ入れます。これを宗派の回数分(1〜3回)繰り返し行います。

お焼香が済んだあとは再度合掌して遺影の方を向いたまま3歩後ろに下がり、遺族や僧侶に一礼した後に向きを変えて自分の席へと戻ります。

・座礼焼香の仕方 基本的なやり方については立礼焼香と同じですが、近い距離であれば立ち上がることなく焼香台まで移動してお焼香する膝行や膝退という方法があります。

膝をついたまま腕の力で身体を支えて少しづつ焼香台まで移動していきます。その際床についた手は、親指だけを立てて他の指は握った状態にします。そして両手を身体のやや前に置いて身体を少し浮かせる感じで少しずつ前に移動していきます。

遺族席の前まで移動したら遺族と僧侶に礼をして焼香台の前へ進みます。この時座布団には座らない方がよいので下座へとよけて、ここで一度合掌します。

お焼香は立礼と同じように行い、最後にもう一度合掌をして祭壇を向いたまま来た時と同じように両腕をついて後方に下がり、僧侶と遺族に一礼をした後に自席にもどります。

席が遠い場合は腰をかがめて中腰の状態のまま遺族の前まで進んでお焼香を済ませて、再度中腰で自席へともどります。

葬式・葬儀でのマナー