葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀でのマナー お焼香のマナー

お焼香のマナー

お焼香の回数は宗派によっても異なりますが通常3回繰り返すことが多いようです。しかし会葬者が多い場合は1回だけでも問題ありません。

お焼香で抹香を香炉に落すときは、なるべく香炉に近づけてから静かに落しましょう。お焼香は何よりも故人の冥福をお祈りする気持ちが大切なので丁寧に行いましょう。

地域の習わしによって、また式場や時間の関係によって回し焼香が行われる場合があります。香炉が自分の前まで回ってきたらお盆ごと香炉を両手で静かに受け取って、膝の前に置き、お焼香します。

もしも膝の前が狭くて香炉が置けない時は膝の上にのせてお焼香をします。お焼香をする前に次の順番の方に「お先に」と静かに挨拶することもあります。

お通夜では線香をあげてお焼香しますが、線香でのお焼香の作法としては線香を右手で1本とってろうそくに近付けて火を灯します。そして左手で線香をあおいで火を消して、香炉にまっすぐに立てます。線香の火は振ったり吹いたりして消さずに、必ず左手で静かに消すようにしましょう。

線香を2本使用するときは1本ずつ香炉に立てて、線香はそれぞれ離して立てるのが普通です。宗派によっては、線香を立てないで寝かせる場合もあるようです。

葬儀の席次に厳格な決まりはないのですが、通常祭壇を前にして右側に親族が座り、左側に弔問客が座る場合が多いようです。

席が分からずに混乱することは遺族に気を使わせてしまいますので、会場での弔問客同士での席の譲り合いなどは避けるようにしましょう。また、葬儀では遺族による弔問客の出迎えと見送りは行わないしきたりになっています。

葬式・葬儀でのマナー

抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/