葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀でのマナー 供花と供物について

供花と供物について

霊前に供える贈り物のことを供花(きょうか)・供物(くもつ)と呼びます。これらを贈るのは故人の親せきや故人ととても親しかった人などが多いようです。

供花には生花と花輪があり、死者の霊を慰めるとともに祭壇や斎場を飾るという意味も含まれています。故人や遺族の遺志や宗教や宗派による決まりなどを考慮したうえで、葬儀社に相談してから贈りましょう。

供花は地域や宗教によってスタイルやお花の種類が違うようですが、白を基調とした静かな雰囲気の菊や百合、胡蝶蘭などが多く、他に故人が特に好んでいたお花を選ぶこともあるようです。

供物には供物は一般的に果物や、線香、ろうそく、干菓子などが選ばれることが多く、仏式では魚や肉といった生ものは贈らないのが一般的です。

仏式や神式の葬儀では、白の菊や百合などが用いられ、祭壇とのバランスを考慮してスタンド形式かフラワーアレンジ形式かを決めます。地域によって花輪を飾ることもあり、関西では「しきみ(樒)」と呼ばれる常緑樹を並べるようです。

キリスト教式 の葬儀では、造花ではなく生花だけを用います。やはり白い花が基調となり一般的なのは白百合ですが、故人が特に好きだった花を用いることもあります。トゲがある白薔薇は用いられません。

キリスト教では、仏教で行うお焼香の代わりとして献花が行われます。献花では葬儀ミサの後の告別式でお花を献花台に捧げていきます。そして献花は供花とは全く別のものです。

葬式・葬儀でのマナー