葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀でのマナー 供花と供物のマナー

供花と供物のマナー

供花や供物を贈る場合は会場のスペースについて考慮する必要がありますので、必ず事前に遺族に確認するようにしましょう。贈り方については、宗教による葬儀の仕方でも変わってくることがあるようです。

また、喪家によっては供花や供物を辞退する場合もあり、このような時は喪家の意向を尊重して贈らないのが礼儀です。この場合「供花・供物は辞退します」という通知があると思いますのでそれに従いましょう。

その場合、供花・供物の代わりに香典を持参します。また、「ご厚志はお断わり申し上げます」という通知がある時は香典を含めて一切受け取りませんという意味になりますので、無理に受け取ってもらうことはしないで喪家の意向を尊重しましょう。

供花と供物は祭壇に飾られるものですので、祭壇の飾りつけの前までに到着するように通夜用であればなるべく通夜当日の午前中に届くように手配し、葬儀用であれば前日までに届くように手配しましょう。

供物は弔事用の包装紙で包んでもらい不祝儀の水引をつけて贈ります。のしの表書きは「御霊前」とするのが一般的で、果物のかご盛りにする場合は水引の代わりに白黒のリボンをかけてカードに氏名を記入することがあります。

葬儀では香典と供花と供物のうちどれかひとつを贈れば良いとされていますが、最近では香典での現金が中心となっているようです。しかし本来、弔意は供花や供物で表すことになっていて、故人と特に親しかった方などは香典とは別 に供花を贈ることもあります。

葬式・葬儀でのマナー

プレラン
プレランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!