葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀の種類 仏式葬儀

仏式葬儀

現在の日本の葬儀スタイルとして最も多いものが仏式葬儀で、日本の葬儀の約90%を占めると言われています。

葬儀の流れは宗派や地方のやり方で多少の違いがありますが、大まかな流れについては共通するものが多いようです。

仏式葬儀では、死後すぐに枕経を行って遺体を拭いて清めます。その後納棺して通夜を行い、その翌日に葬儀と告別式をして火葬と拾骨もしくは土葬することになります。

最近は会葬者が遠方にいるため頻繁に集まれないことや会場を葬儀場にすることが多いことなどにより本来では7日後に行なうべき初七日の儀式を告別式後に行なう場合が多いようです。

仏教では人が死んだ後49日目まで閻魔大王による生前の所業の裁きが7日ごとに行われると言われていることから、その裁きの日を忌日と呼び、初七日とは最初の忌日のことです。そしてこの時に今後の法要や納骨の日を決めるのが良いと言われています。

法要では遺族が親族や近親者を招いて僧侶の読経と供養を行い、法要後は茶菓や精進料理による接待が行われます。現代は7日ごとに全ての法要が行われることは稀で、通常初七日と七七日の法要だけの場合が多いようです。

七七日法要では死者の遺骨や位牌を安置していた中陰壇を取り払う儀式から壇払いや壇引きとも呼ばれ、七七日法要の後服喪期間が終了します。

仏式葬儀の流れとしては、会葬者全員が席に着いたら合掌が行われ、開式の辞が述べられた後に僧侶による読経が行われて弔辞と弔電の披露と読経の後、喪主、遺族、近親者、一般会葬者の順で焼香が行われます。

その後、棺に花や故人の愛用品を納めて釘打してお別れの儀が行われ、葬儀委員長が謝辞を述べた後に出棺します。

葬式・葬儀の種類

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!