葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀の種類 神式葬儀

神式葬儀

神式葬儀は日本では仏式葬儀の次に多く行われているものです。神式葬儀では通夜のことを通夜祭と呼び、葬儀のことを葬場祭(神葬祭)と呼びます。

神式葬儀の香典袋には蓮の花が描かれていないもので黒と白の結び切りの水引のものが使われます。表書きは御霊前や御神前、御玉串料などと記入し、参列者の服装については一般的な喪服を着用しますが数珠は使用しません。

神式葬儀の葬場祭では、仏式葬儀で行われるお焼香の代わりに葬場祭(神葬祭)では手水の儀と玉串奉奠(たまぐしほうてん)が行われます。

手水の儀とは、葬場祭(神葬祭)を行う前に参列者の心身を清める儀式のことです。桶に入っている水を柄杓ですくって両手を洗うのを3回に分けて行います。そして柄杓の水を左手に受けて口へ運び洗い清めた後、白紙で両手を拭きます。

手水の作法の後に拝礼の作法が行われ、頭を2回下げて柏手を音を立てないように2回打ち、最後に一礼します。柏手は手が合う直前で止め音をたてないのがマナーで、これを「しのび手」といいます。

玉串奉奠は仏教式でいうお焼香と同じようなもので、祭壇まで進んで遺族へ一礼した後、神官の前で一礼して玉串を受け取ります。

そして再度神官へ一礼して左手で玉串の枝先を下から持ち右手で枝を上から持ち、胸の高さまで持ち上げて縦にします。そして左手を根元、右手を枝先へと持ち替えて玉串を右回りに回転させた後、根もとが祭壇へ向くように置きます。

その後は一歩下がって2回礼をして、2回音をたてないように拍手し、神官と遺族へ一礼して自席へ戻ります。

葬式・葬儀の種類

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/