葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀の種類 キリスト教葬儀

キリスト教葬儀

キリスト教式葬儀は宗派によって葬儀の流れが違うようですが、一般的に多いカトリックとプロテスタントの流れについて説明します。

仏教式でいう通夜のことを、カトリック式の葬儀では「通夜の儀」と呼び、プロテスタント式では「前夜祭」と呼びます。どちらも神父や牧師が世話役と進行役の両方を務めるのが一般的です。

カトリック式の葬儀の流れは祈祷の後に聖歌を合唱し、聖水を棺に注ぐ撒水の儀式が行われた後に撒香、祈祷、神父の追悼説教があります。その後は聖歌を合唱をし、弔辞、弔電拝読、遺族の挨拶、撒水の後に一般参列者の献花が行われて、賛美歌の後に出棺されます。

プロテスタント式の葬儀の流れは、前奏と讃美歌斉唱の後に聖書朗読が行われ、祈祷、讃美歌斉唱して牧師により故人の略歴披露と葬儀の辞が述べられます。その後は祈祷、讃美歌斉唱、弔辞と弔電の拝読、後奏の後、遺族が挨拶して献花が行われます。

またキリスト教式の考え方は故人と弔い供養するという考え方でなく、故人に与えられた生涯について神に感謝し神へ礼拝を行うという考え方になり、遺影写真を使用したり遺体に手を合わせたりすることはありません。

キリスト教式葬儀では、仏式葬儀でいうお焼香や神式葬儀でいう玉串奉奠はありません。また、仏式の通夜ぶるまいのように料理やお酒はふるまわれず、代わりに軽食や茶菓子が用意されます。

また御香典のことを「弔慰金」といい、香典袋の表書きの書き方は基本的に「御花料」となり、水引はなくても構いません。また、プロテスタント式では御霊前が使われませんので注意する必要があります。

葬式・葬儀の種類

フルダラ
フルダラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!