葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀の種類 無宗教葬儀

無宗教葬儀

無宗教葬儀とは自由葬やプロデュース葬とも呼ばれ、特定の宗教た宗派に捉われずに行う葬儀のことです。無宗教葬儀では僧侶や神官、牧師などの宗教者を招かずに自由な形で行うことが多いようです。

最近の日本人は無宗教の方が多くなり、お寺との付き合いも希薄になってきたことから無宗教葬儀が徐々に増えつつありますが、その数はまだまだ少ないと言われています。

無宗教葬には特に決まった形式はなく、個人が決めた自由な形式で葬儀を進行していくことが出来ます。実際の無宗教葬儀ではある程度仏式葬儀や葬場祭(神葬祭)を参考にして行われることが多いようです。

無宗教葬を行うメリットは、死者の生き方にふさわしい形で自由な演出を行うことが出来ることや、読経を行わないため時間を自由に使えること、形式は自由なので献花やお焼香も行うことができること、祭壇を飾る必要もなく費用を抑えることができるなどです。

しかし、メリットだけではなくデメリットもあります。無宗教葬を行うデメリットとしては、一般的な仏式葬儀よりも入念な打ち合わせが必要になることや形式が決まっていないことで参列者がとまどってしまうこと、葬儀後の弔い方が定まっていないので仏壇や法要についての悩みが多いこと、他人になかなか理解されないことなどがあります。

無宗教葬の香典の表書きには決まった形式はありませんが、一般的に「お花料」と書かれていることが多いようです。

無宗教葬の例として音楽葬があり、読経の変わりに故人の好んでいた音楽を流して葬儀を行います。

葬式・葬儀の種類