葬式・葬儀マナー TOP → 葬式・葬儀の種類 その他の葬儀

その他の葬儀

宗教による形式的な葬儀や自由にできる無宗教葬儀以外でも様々なスタイルの葬儀がありますのでご紹介します。

・社葬 故人が会社の創業者や会長、社長などの場合に会社が費用負担と主催を行い、遺族と会社で行う葬儀のことです。他に会社以外の団体が主催して行う「団体葬」や複数の会社が合同で行う「合同葬」もあります。

・密葬 遺族の事情や故人の遺言などによって一般会葬者を呼ばずに遺族や近親者のみで行う葬儀(葬式)のことです。基本的に一般の葬儀と変わりませんが、ごく少数の人数で執り行われます。

・自然葬 宗教、宗派に関係なく海や山などに散骨して自然に戻す埋葬方法のことです。近年、故人の遺言などで自然葬を希望される方が増えてきているようです。遺骨の一部を自然葬し、残りを墓地に納骨する方法もあります。

自然葬の種類には海洋葬や、樹木葬、鳥葬、水葬の他、空から散骨する風葬や衛星ロケットで遺骨を納めたカプセルを打ち上げる宇宙葬などもあります。

・生前葬 自分が主催者となって、生存している間に行う葬儀や告別式のことです。生前葬はまだまだ生きられる状況で行うわけではなく、本人が死を自覚してから行うのが原則となります。

生前葬のメリットは、お世話になった方へ直接本人がお別れや感謝の言葉を告げることが出来る点や自分の意思で内容を決めることが出来る点、人生に区切りをつけることができる点などがあります。

しかし基本的に亡くなった後に遺族によって必要最低限の葬儀(葬式)を行う場合が多いので二度に渡って葬儀をする必要があります。

葬式・葬儀の種類

ヘキストラスチノン
ヘキストラスチノンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!